お薬のお話

 ☆点眼剤の使い方

 1.まず、手を石鹸でよく洗います。
 2.下まぶたを軽く引き、1滴を確実に点眼します。(2~3滴の場合もあり) 
   この時、容器の先がまぶたやまつげに触れないように注意します。
 3.点眼後は静かにまぶたを閉じて、まばたきをしないで約1分間、軽く目頭を
   押さえて目をつぶる。
 4.あふれた点眼液はガーゼやティッシュで拭き取る。
 5.2種類以上の目薬を使用する場合は、5分以上の間隔をあけて点眼する。
    目薬をさす順番も効果に大きく影響します。

  <点眼の順序>
 1.より効果を期待する点眼剤を後に点眼する
 2.懸濁性(振るタイプのもの)の点眼液は後から点眼する
 3.油性点眼剤(眼軟膏等)は後から点眼する
 4.粘性の高い点眼液は後から点眼する
 5.涙液のpH(7.0~7.4)に近いものを先に点眼する
    (刺激による涙液増加を抑え、点眼液の希釈を防ぐ)

上記は原則であり、点眼液の組み合わせや目の具合などによって点眼順は変わることがあります。
その都度の医師・薬剤師の指示をしっかり守ってください。


参考資料
1)前田秀高、根木昭:点眼の基礎と市販役の留意点、調剤と情報8,3,65,2002
2)遠藤睦、荒川義弘:点眼剤の適正使用、医薬ジャーナル36,10,245,2000